ペット可の物件であっても、きちんとした飼育をして周囲に迷惑をかけないことが重要です。

住まいの常識 ペット可マンションの注意点

住まいの常識 ペット可マンションの注意点

周囲に迷惑をかけない

ペット可のマンションもいろいろと出てきてはいますが、ペットに何をさせてもいいというわけではありません。
マンションの住人の中にはもともとペットが苦手という人もいるかもしれません。
このようなほかの住人にもきちんと配慮してペットを飼育することが、マンションの住人には求められています。
まず動物を飼育する場合には、マンションの管理組合にきちんと報告をすることです。
何を飼っているのかをきちんと明示することが重要です。
管理組合に無断でペットの飼育をして、しかもそのペットが管理組合で禁止している種類だったということになるとかなり深刻なトラブルになってしまう可能性があります。
またペットの場合、いろいろな感染症にかかるリスクがどうしてもあります。
このような感染症にかからないようにするためには、予防接種をきちんと受けることもマナーです。
予防接種を受けていることの証明書も添付して管理組合に届け出をすれば、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。
またペットの飼育をするのは、専有部分だけにしておくことも心がけるようにしましょう。
バルコニーやテラスの所ではペットにえさをやらない、排せつはさせないようにする、ブラッシングを行わないということを心がけるべきです。
またマンションのエレベーターに乗せる時には、ケージの中にペットを入れる気遣いをするように心がけましょう。
もしケージのない場合には、ペットを抱きかかえて乗せるようにしましょう。
このようなケアを心がけるようにするだけで、ペットにまつわるトラブルのリスクを最小限に抑えることができるようになります。
また管理規約をきちんと読み込むようにすることも重要です。
ペット可のマンションの場合、ペットの飼育の方法について管理規約にかなり細かく記載されているケースが多いです。
糞尿の処理の方法などについても、具体的に書かれているような場合もあります。
このルール通りに処理することを心がけることも重要です。
またペットクラブと呼ばれる団体が日本全国にあります。
ペットクラブではしつけ教室を開催するなどして、ペットの飼い方についての講義を実施しています。
ペットの正しい飼育の方法や衛生上の対策や保険への加入の仕方などを紹介しています。
ペットを飼育するにあたって参考になるような情報もいろいろと紹介していますので、興味のある方は加入してみることも検討してみましょう。
マナーを守ることで、マンションの住民が快適に暮らせます。

Copyright (C)2017住まいの常識 ペット可マンションの注意点.All rights reserved.