新築マンションを販売するに先立って、予告広告が出ることもありましょう。

住まいの常識 ペット可マンションの注意点

住まいの常識 ペット可マンションの注意点

予告広告を理解する

不動産購入を検討している人の中には、不動産に関してのチラシをいろいろとチェックしている人もいるかもしれません。
不動産のチラシを見てみると、予告広告と書かれているチラシを目にすることはありませんか?
予告広告とは、新築分譲マンションなどを販売するときに掲載されることが多いです。
新築分譲マンションの場合、まだ建物が建設できていない段階で入居者の募集を行うことがあります。
そこで新築分譲マンションを販売することは決まっているけれども、具体的な販売価格等は決められていないこともあります。
そこで、今すぐには取引できないような物件のことを予告広告といいます。
予告広告の中には、その新築分譲マンションの取引開始時期について告知を行っています。
公正競争規約の中で、不動産の広告表示の開始時期には制限が設けられています。
未完成の建物に関しては、開発の許可や建築確認を受けるまでは広告を出してはいけないというルールになっています。
開発許可や建築確認を受けることによって、その物件の実現性が現実味を帯びてくることになります。
ですから、この時点で販売などの広告を出してもいいですよと許可を出すわけです。
入居者を募集して、そのマンションが出来上がらずに消費者に迷惑をかけることの内容にするために、このようなルールを設けているわけです。
マンション建設の確認を受けるためには、申請書を提出する必要があります。
しかしこれはあくまでもマンション建設にかかわることについての申請書になります。
よって、販売スケジュールをどうするのかとか、マンションの販売価格をどうするのかと言ったことについてはこの時点で明記する必要はありません。
このため予告広告を見てみると、「未定」とか「予定」といった文字がいろいろと掲載されているわけです。
予告広告を出すにもルールがあって、実際にその新築分譲マンションの取引を開始するときには同じメディアを使って、同じ地域で本広告を出さないといけないことになっています。
予告広告だけを出しておしまいにはできないというわけです。
予告広告を消費者側も上手に活用してみましょう。
例えば、正式販売までに少し時間的な猶予があります。
その間にほかの物件の情報を入手して、物件の比較をして予告広告の出ているマンションを購入するかどうかを判断する基準となります。
複数の予告広告の情報を入手することで、早く物件の比較ができるメリットも期待できます。

Copyright (C)2017住まいの常識 ペット可マンションの注意点.All rights reserved.