スマートマンションというマンションがエコに貢献できるような物件も徐々に登場しています。

住まいの常識 ペット可マンションの注意点

住まいの常識 ペット可マンションの注意点

スマートマンションとは

エコという言葉が世間一般でも広く定着するようになって、時間が経過しました。
そこで各家庭でも省エネのためのいろいろな努力をしているというケースも多いのではないでしょうか?
省エネからさらに一歩進んだエコの手法が、最近注目されています。
それは、スマートハウスという考え方です。
省エネというのは、私たちが意識的に消費するエネルギーをセーブすることでエコに貢献しようというものです。
スマートハウスは、建物自体がエネルギー消費量を適切にコントロールする手法を指します。
最近ではIT技術も急速に進展していることもあって、このようなスマートハウスという発想も現実的になってきています。
消費電力の1日の推移を見てみると、電力消費のピークになる時間帯があります。
一般的には日中なのですが、この時に家電の利用が集中しないように調整してくれます。
その他には、昼間は太陽光を使ってエネルギーに転換をするとか、余った電力は蓄電池の中に入れて、夜間の電力消費に対応すると言った考え方を指します。
このようなスマートハウスの発想をマンション全体で行うようなスマートマンションも、今後はどんどん出てくるのではないかとみられています。
スマートハウスの推進は、国が先頭に立って行っています。
経済産業省では、「スマートハウス標準化検討会」と呼ばれるものを立ち上げています。
スマートハウスが業界の標準になることを目標にして立ち上げられました。
スマートハウス標準化検討会には、電機メーカーや自動車メーカー、ハウスメーカーなどが参加をしています。
その中でスマートマンションも、徐々に出てきつつあります。
電力消費を節約したいと言っても、電力消費量が可視化されませんでした。
このため、電力消費の節約がピンとこないという人も多いのではないでしょうか?
そこで現在販売されているマンション物件の中には、タブレット端末を通じて電力消費量を表示してくれるシステムを導入している物件も出てきています。
電気やガス、給油の消費量がどのようになっているのか、タブレット端末を使って逐一チェックできるようになっているわけです。
その他にも、エネルギーの皆さんの使用傾向を分析できるような機能が付いていたり、それに基づき省エネをするためにはどうすればいいかのアドバイスをしてくれたりしてくれます。
またタブレット端末を使って、風呂や床暖房の電源の操作をすることができるようになると言うので注目されています。

Copyright (C)2017住まいの常識 ペット可マンションの注意点.All rights reserved.