震災対策として、マンションの構造にいろいろな工夫を施すケースも出てきています。

住まいの常識 ペット可マンションの注意点

住まいの常識 ペット可マンションの注意点

構造の震災対策

最近では特に東京の方では、湾岸エリアを中心として大規模マンションが建設されています。
しかし湾岸エリアの場合心配なのは、大きな地震が起きた場合です。
先の東日本大震災では、湾岸の埋め立て地を中心として液状化現象が起きたことは記憶に新しいのではないでしょうか?
そこでマンション側でも、いろいろな対策を講じています。
もし液状化の可能性があるような埋め立て地や液状化のリスクのあるエリアでは支持層と言われる地中深くの比較的硬めの地盤まで杭を打ち込むという手法を取っている所もあります。
こうすることで、表面の地盤がダメになったとしても、建物が倒壊することを防げます。
また液状化の起きるリスクの高い所では、地盤改良の工事を進めている所もあります。
表面の柔らかい地盤を固めると各位を多数打ち込むことで、基盤の充実を図っています。
このような対策は、以前のマンションでも実施されていることはされていました。
しかし震災以降は施行する範囲を広げることで対策を講じています。
敷地内が液状化しなかったとしても、周辺地域で液状化が起きてしまう可能性があります。
そうすると深刻な段差が周囲とできてしまうこともあります。
実際、東日本大震災ではそのような問題が起きたこともありました。
このような段差ができてしまうと、移動するときに障壁になるだけでなく、給排水管を寸断してしまう可能性があります。
そうするとマンション内の設備に一切問題がなかったとしても、ライフラインを使用することができない状況に陥る可能性も十分にあるわけです。
そこで境界線の所を拝観がまたぐ場合には、比較的柔軟な素材を活用することで多少の段差であれば破壊されることのないように対策を講じているケースもあります。
また湾岸エリアを見てみると、タワーマンションのような高層のマンションもたくさん建設されています。
そこで制震構造や免震構造を採用することで震災のダメージを最小限にする対策も講じられています。
精神や免震というのは、自信のエネルギーを受け止めるのではなく、吸収するなどしてうまくコントロールする手法を指します。
高層ビルの場合地震の揺れは共振することによって、より大きくなってしまう傾向があります。
しかし制震や免震構造にすることによって、建物の揺れを低減することができるようになります。
構造部分のダメージを最小限にするとか、部屋の中の家具などの倒壊もリスクも少なくすることができます。

Copyright (C)2017住まいの常識 ペット可マンションの注意点.All rights reserved.