中古マンションの中でも優良物件を探しているのであれば、ストック顧客になることです。

住まいの常識 ペット可マンションの注意点

住まいの常識 ペット可マンションの注意点

中古マンション選びのコツ

マンション購入しようと思っている人の中には、中古マンションを購入しようと考えている人もいるはずです。
中古マンションの方が新築マンションと比較すると割安の価格で購入できます。
中古マンションといっても、希少価値のある優良物件もあります。
しかしこのような優良物件の場合、簡単に購入できません。
当然のことながら競争も激しくなりますので、自分からいろいろと動いていかないと優良な中古マンションを購入することは難しいでしょう。
優良な物件を購入するためには、仲介会社の顧客になることが重要です。
ストック顧客とも言われますが、各仲介会社はそれぞれに、買い希望のお客さんを持っています。
ストック顧客に対して、おススメの物件情報は優先的に流されます。
そこで問題になってくるのは、「どの仲介会社のストック顧客になるべきか」ということです。
そのためには、どれだけの売りの顧客を抱えているかが重要です。
売り手から売却を直接依頼されている仲介会社であれば、優良物件の情報もたくさん持っている可能性が高いです。
そしてもう一つ重要なことは、複数の仲介会社のストック顧客になっておくことです。
2〜3程度の仲介会社とお付き合いがあれば、より多くの選択肢の中から中古マンションの紹介を優先的に受けることが可能です。
中には、具体的に購入したい中古マンションを決めてしまっているという人もいるでしょう。
その場合には、新築の時の売主会社をチェックしましょう。
恐らく売主の不動産会社の傘下に関連の不動産仲介会社があるはずです。
傘下の会社に優先的に売り情報は流されるはずです。
この子会社に声をかけることで、自分が欲しいと思っている中古マンションの物件の情報尾より早く入手することができます。
しかしこのようなマンションを具体的に決めている人は少数派のはずです。
たいていの人は、住みたい地域ぐらいまでを特定して物件探しをするはずです。
その場合には、そのエリアに強みを持っている不動産仲介会社を活用することです。
地域密着の不動産会社の場合、その地域におけるマンションの売り手はかなり多く知っている可能性が高いです。
規模は決して大きくないかもしれませんが、営業は手堅いので、地元における信頼は厚く、意外な掘り出し物の物件を抱えているケースが多いと言われています。
まだエリアを限定していない場合には、広域に店舗を抱えていて取引実績の多いネットワークの強い仲介会社を利用しましょう。

Copyright (C)2017住まいの常識 ペット可マンションの注意点.All rights reserved.