仲介会社の担当者にとってあなたがいいお客さんと思われるためにはどうすればいいのでしょうか?

住まいの常識 ペット可マンションの注意点

住まいの常識 ペット可マンションの注意点

優良な顧客になること

仲介会社を利用して、物件を紹介してもらうことでマンションを購入する人が多いはずです。
そこでポイントになってくるのは、いかに仲介会社の担当者にあなたが優良な顧客であるかと思わせることです。
仲介会社の担当者が物件の情報を皆さんに紹介してくれます。
この時、いい情報が入ったら、あなたに真っ先に情報提供しようと思ってもらえるためには、あなたが真剣にマンションを購入したいという姿勢を見せないといけません。
中には、依頼の連絡を入れたら、仲介会社に残りのことはすべて丸投げにしてしまっている人もいます。
これでは、担当者も真っ先に皆さんに情報提供してあげようという気持ちにはならないのではないでしょうか?
では、担当者にあなたが熱心にマンションを購入しようとしていると思わせるためにはどうすればいいのでしょうか?
そのためにはまず、希望条件をきちんと担当者に伝えることが重要です。
広さはどれくらいがいいのか、間取りはどの程度が良いのか、などの希望があれば具体的にその条件を担当者に伝えることが重要です。
そうすれば、担当者はその希望の条件にマッチするような物件をピックアップしやすくなります。
この時紹介された物件は、必ず見学するように心がけましょう。
もちろん気に入らない物件である可能性もあります。
その場合には、その物件のどこはよくてどこがダメなのかということを担当者に伝えることです。
評価をきちんと相手に伝えることによって、担当者もみなさんがどのようなマンションを購入したいのか、よりはっきりと見えてきます。
マンション購入するときには、仲介会社に物件を探してもらうというスタイルが一般的になるかと思われます。
相手に見つけてきてもらうためには、的確な情報をできるだけ伝えることが重要です。
一回担当者に希望する条件を話しただけでは、自分の思っているイメージを相手が共有してくれないこともあります。
また希望条件に関しても、方向性が同じでも強弱などが個人によって少しずつ違ってきます。
このような細かなところまで担当者と情報を共有するためには、やはり何度もコミュニケーションをとる必要があります。
一方で、自分が希望する条件に関して、あまり固執しないことも重要です。
固執しすぎると、なかなかそれに見合ったマンションが出てこなくなります。
時には希望条件に関して、柔軟に対応をすることで、優良な物件を購入できる可能性がアップするはずです。

Copyright (C)2017住まいの常識 ペット可マンションの注意点.All rights reserved.